3月24日 菜の花保育園の卒園式がありました.24名の子どもたちが春には1年生になるんだと希望を持って卒園して行きました.親と家族たちは子どもが大きく育ってくれたと感謝と喜びで卒園の日を迎えました.
 子どもたちは親と共に前に立ち,子どもは保育園での心に残った思い出を語り,親は子どもの良い所と将来の希望を話した. 卒園式では金子みすずの「私と小鳥と鈴と」を歌ったが,この詩にある「みんなちがって みんないい」のごとく,子どもも親も皆の話してくれたことは私たちの心に響いた.
 私はレンズを通して,子どもたちやその家族の喜びを写し止めようとカメラを向けた. (2011.3.25記)