名古屋市南区にある菜の花保育園五才児「きょうりゅう組」 28名は,7月11日,12日と郡上市八幡町小那比に夏山合宿に行きました.出発の時には小雨が降っていたから,父母や保育園の子ども達からの「からだに気をつけて,楽しく過ごしてきてね」の激励会はホールで行いました.次の日の天気予報も雨だし,どんな夏山合宿になるかなとちょっと不安と期待を持ちながらバスに乗りました.
 小雨の降る中,緑の山に包まれた小那比の元中学校に着きました,山には白い霧がかかっていました. 二日間とも雨の中の生活でしたが,「雨ならば,雨の生活を体験し楽しめば良いや」といろいろな活動に挑戦しました.写真でそれらの様子を見てください.(2007.7.13記)
 
  
 水が多くて川に入れないから,ゴムボートのいけすでニジマスを捕まえました.ヌルヌルしているし,強い力で跳ねるからなかなか捕まらなかったよ.炭火で焼いた魚が夕食に出たら,Rくんは「ぼくは魚を5匹捕まえたんだから,たくさん食べるよ」と美味しそうに魚をほおばっていました.
 飯ごうで自分達で水加減を見て,ご飯を炊きました. 自分達で用意して焚いたご飯の味はどうかなと,焚けたらすぐに手のお皿に乗せて食べてみました. 雨間に流しそうめんも出来たし,暗くなったらキャンプファイヤの周りで,歌を歌い踊りました.
 今年もOno先生が素敵なトーチの舞をみせてくれました.  皆は暗闇に舞うトーチの動きに魅せられました. 「すごい! 鳥が飛んでるみたい! 」の声があがりました.