菜の花保育園5才児きょうりゅう組は,1995年より蓬生の里に田植えに来ている. どうして田植え体験保育が始まったか定かでないが, 園庭で子ども達がどろんこになって遊んでいるのを見て,梅本が園長に 「どろんこ遊びをするなら,田んぼで田植えをしたら,もつときれいなどろ遊びが出来るんではないか」と話したことがある.
 園児たちの田植えは泥のプールで遊ぶようなものだ. しかしまた, 毎日食べている米の栽培を田植えと稲刈で体験することは貴重な体験だと思う. 農業をしている家庭に育つ子どもでも稲作の体験をする子はほとんどいない. 後日 米について考えようとした時, 幼い時の体験は役にたつだろう.